ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です
印刷 - よのなか科@一条高校

よのなか科@一条高校

 

「よのなか科」実施状況と今後の予定について

時間: 月2回程度、土曜日、朝 8:00 ~ 9:30
場所: 視聴覚室 または 図書館

参加者

 

  • 1年生を中心とした希望者(スマホを持ち込む)
  • 2, 3年生の若干名の先輩(ファシリテータとして)
  • アクティブラーニングを学ぶ奈良教育大の教員志望の学生
  • 社会人(生徒のキャリア意識を刺激するキャリアモデルとなる大人達/保護者や地域社会の方々を含む)

 

内容

 アクティブラーニング授業の見本となる「よのなか科」は、主に「考える」手法を養成するプログラムで、「正解」のない成熟社会特有の課題を扱います。ブレスト、ディベートなどのコミュニケーション型グループワークを多用し、ロールプレイやシミュレーションで思考力を駆使して、最後に必ずプレゼンさせることを重視しています。
一見複雑な問題に対しても、付箋を使った分類やマインドマップ手法を何度も練習することにより、自分の考えを視覚化する技術を養います。まず生徒が身近に感じる題材から入り、やがて社会の複雑な問題へのアプローチに誘導していきます。これによって思考力、判断力、表現力が発揮される授業を展開。さらに、部分的に生徒のスマホを積極活用することで、授業が立体的な構成になるようにします。

よのなか科で育成する「情報編集力」と、教科の「学力」並びに「基礎的人間力」の関係

よのなか科で育成する「情報編集力」と、教科の「学力」並びに「基礎的人間力」の関係図

開催スケジュール

4月のテーマ: 「思考」するとは、どういうことか

よのなか科のグループワークと「情報編集力」サイドの思考方法に慣れる。ブレスト(自分の脳を他者とつなげて拡張する技術)と分類(付箋を用いたグルーピング)による「複雑な問題を考える時のコツ」を身につける。

第1回 4/23(土) ハンバーガー店の店長になってみよう!

(1) 指定した地図の中で、どこに店を出せば繁盛店になるのか?
(2) 一日の売上げはどれくらいかを推理せよ。

第2回 4/30(土) 流行る店の要因を分析し、商売繁盛の方程式を導け

(1) ブレストで要因を挙げ分類する「論理的思考」のノウハウをゲットしよう!
(2) 流行るお店の秘密に迫る~複雑な問題の謎を解く方法

5月のテーマ: 最も身近な奈良の「観光」問題を考え、自分の「仮説」をつくる

奈良をどうしたら活性化できるのか。市長へのプレゼンを実現し、現実に企画というもの(仮説)がどのように実行されるのか、よのなかの一部を変えるとはどういうことか、「ぼくらの仮説が世界をつくる」あるいは「高校生もよのなかの一部であり、意識を向ければ、そのよのなかの一部を変えられる」ことを実感する。

第3回 5/14(土) よのなか科 観光編1「奈良の魅力を探る」

(1) 外国人はニッポンのどこに魅力を感じているか? 何をCool!だと思うのか。
(2) 京都と奈良はどこが違うのか? 200万人と20万人!この差はどこにある。

第4回 5/28(土) よのなか科 観光編2「奈良の観光活性化プラン作り」

(1) 奈良にもっと外国人を呼びこむプランをブレーンストーミング
(2) コンテスト上位の案を市長にプレゼン。プロの協力を得て動き出そう!

6月のテーマ: メディアリテラシー

一流の(善玉)ハッカーを招いて、情報ネット社会の裏側を垣間見る。さらに、報道の裏側を知ることで、新聞やTVの報道が真実ではなく、記者やデスク、マスコミ各社の解釈であることを理解。本質を観る鑑定眼を養うために、「複眼思考(クリティカル・シンキング)」のクセを身につける。

第5回 6/4(土) メディアリテラシー 第1回「キミの情報が盗まれる時」

(1) リクルート伝説の善玉ハッカーを特別ゲストに。なぜセキュリティが必要か?
(2) プロが追跡するとどこまで分かってしまう?~ネット社会の裏側を垣間見る

第6回 6/11(土) メディアリテラシー 第2回「新聞とTV報道の裏側に迫る」

(1) 新聞記事は、真実ではなく、記者の目で見て編集された事実だ。
(2) 自分のスマホで隣の大人を動画撮影し「善玉」と「悪玉」に仕立てるには?

第7回 6/25(土) メディアリテラシー 第3回「ネットを使った商品開発」

(1) 「奈良発フロンティアへ」の例。新型「かき氷製造器」開発プロジェクト
(2) 新しい「かき氷」のメニュー開発も/奈良「氷室神社」は、かき氷の聖地

7月のテーマ: 民主主義とは何か? ~自由と責任の関係

第8回 7/9(土) 「政治を考える」(参院選の投/開票日の前日)

(1) 「大きな政府と小さな政府」~教育費で「自由」と「責任」の関係を考える
(2) 「18歳選挙権問題」(生徒が先生)で「権利」と「義務」の関係を考える

第9回 7/16(土) 「高校とは何か?~高校時代に何が大事なのか?」

(1) 時給問題から考える「希少性と収入」の関係を考える
(2) 人生とキャリアをどのように考えたらいいか?

2学期からの予定(順不同/入れ替わることがあります)

2学期は、次のような技術を磨くことを重視します。

  1. グループ討議にも強くなるよう「ディベート」を多用する
  2. 進路やキャリアを切り拓くための「プレゼン」技術を磨く
  3. 後半から現代社会特有の複雑な「社会問題」をテーマに200字意見文を書く
ほとんど「スタディサプリ」の未来の講座「よのなか科」オンラインで公開されている内容なので、ワークシートをそこからダウンロードできます。

 

第10回 9/10(土) 「制服問題を考える」~ディベートの基礎技術をつかむ

制服の問題をディベートする~あなたは私服派?制服派?
実際に「新しく、奈良らしく、しかも一条高校らしいフォーマルウェアとは?」
校長の来年度入学式で着るフォーマルウェアをデザインする!

第11回 9/17(土) 「なら国際映画祭」

一条高校OGの河瀬直美さんか関係者を呼んで話をしていただき、生徒が「なら国際映画祭」向けに作った短編映画の上映を行う。また、2コマ目は、サッカー部にはお馴染み、一条高校出身の浜田満・アメージング・スポーツ・ラボ・ジャパン浜田満社長が来校予定。

第12回 9/24(土) 「自分プレゼン術の技術を磨く」

「オープンスクール」当日
自分の売りをアピールする~プレゼン練習(1) つかみを工夫しよう。
マイナスモードを大事にする~プレゼン練習(2) 失敗や挫折について語ろう。
質問を繰り返して共通点を探る~プレゼン練習(3) 相手の話を引き出そう。
面接の練習~ズバリ「面接官はどこを見ているか」その秘密教えます。

第13回 10/8(土) 「オリンピック問題からスポーツを考える」

一条高校「体育大会」の翌日で、体育の日の前々日 畑島先生(文科省からの研修生)による

第14回 10/29(土) 「差異と差別を考える」(未定)

LGBTをめぐる話題を取り上げて考えてみたいが、ゲストがどうなるか……

第15回 11/5(土) 「自殺と安楽死問題」

自殺抑止ロールプレイ
自殺と安楽死を考えるディベート~自分のいのちは誰のもの?

第16回 11/12(土) 「キミは少子化問題を解決できるか?」

その要因と対策のブレスト
介護と保育を考える。
どうしたら少子化から転じられるか?

第17回 11/26(土) 「医療技術と倫理の相克問題」

キミの「カラダ」は誰のもの?
キミがもし親になったら~「赤ちゃんポスト」と出生前診断

第18回 12/10(土) 「奈良マラソン」当日

サプライズ・ゲストが来校か!?
もしくは、
1コマ目「公平」とは何か?~石巻市で起こった700/800問題
2コマ目「自分の人生を棚卸しして可視化してみよう!」人生のエネルギーカーブを描いてみる。人生前半の失敗・挫折・病気がキミの財産に変わる理由(乃木坂46と朝日新聞紙上で行ったワーク/『乃木坂と、まなぶ』に書籍化)

第19回 12/17(土) 「御祭」@春日大社 キミにとって「宗教」とは何だろう?

宗教の教祖ロールプレイ テーマパークは宗教か? 信者とファンの違いは何?
「人間にとって、宗教とは何か?」という難問を小論文に書いてみる。

3学期以降の予定

  • 第20回 1/14(土)
  • 第21回 1/21(土)
  • 第22回 1/28(土)
  • 第23回 2/4(土)
  • 第24回 2/11(土)
  • 第25回 3/11(土)

 

   印刷 - よのなか科@一条高校  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる