ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です
印刷 - よのなか科@一条高校

よのなか科@一条高校

 

「よのなか科」実施状況と今後の予定について

時間: 月1回、土曜日、朝 8:00 ~ 9:30
場所: 本校視聴覚室

参加者

  • 1年生を中心とした希望者(スマホ持参)
  • 2, 3年生の若干名の先輩(ファシリテータとして)
  • アクティブラーニングを学ぶ奈良教育大の教員志望の学生
  • 社会人(生徒のキャリア意識を刺激するキャリアモデルとなる大人達/保護者や地域社会の方々を含む)

 

内容

 アクティブラーニング授業の見本となる「よのなか科」は、主に「考える」手法を養成するプログラムで、「正解」のない成熟社会特有の課題を扱います。ブレスト、ディベートなどのコミュニケーション型グループワークを多用し、ロールプレイやシミュレーションで思考力を駆使して、最後に必ずプレゼンさせることを重視しています。
一見複雑な問題に対しても、付箋を使った分類やマインドマップ手法を何度も練習することにより、自分の考えを視覚化する技術を養います。まず生徒が身近に感じる題材から入り、やがて社会の複雑な問題へのアプローチに誘導していきます。これによって思考力、判断力、表現力が発揮される授業を展開。さらに、部分的に生徒のスマホを積極活用することで、授業が立体的な構成になるようにします。

よのなか科で育成する「情報編集力」と、教科の「学力」並びに「基礎的人間力」の関係

よのなか科で育成する「情報編集力」と、教科の「学力」並びに「基礎的人間力」の関係図

開催スケジュール

第1回 4/29(土) 

  オリエンテーション「考える」とはどういうことか?~ブレストやディベートの基本を学ぶ

第2回 5/13(土) 

 「10年後、君に仕事はあるのか?」を大人とともに考える

第3回 6/10(土)

  生徒が先生になる「よのなか科」+キャリアをどうつくっていくか?

第4回 7/22(土)

  生徒が先生になる「よのなか科」+人生をどう俯瞰するか?

第5回 9/30(土)

  面接の達人になる!

第6回 10/28(土)

  「隈研吾と一条高校の講堂建て替えを考える」10:30~12:00

  校長と育友会長が隈研吾氏にプラン考案の協力をお願いします。

第7回 11/25(土)

  「自殺と安楽死について」考える~小論文の練習1

第8回 12/16(土)

  「人間にとって宗教とは何か?」を哲学する~小論文の練習2

 

3学期以降の予定

  • 第9回  1/13(土) ※当初予定の1/20(土)から変更しています
  • 第10回 3/17(土) ※当初予定の2/17(土)から変更しています

 

詳細はこちらへ 一条LABO

 

   印刷 - よのなか科@一条高校  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる