3月24日(金)

この一年の締めくくりとなる修了式をおこないました。3年生が先日卒業し、少しさみしい人数の中でしたが、1・2年生の溌剌とした雰囲気が、体育館を明るくしてくれていました。まず始めに、各学年の全課程を終えたことをしめす”修了証”が1・2年生の代表に手渡されました。そのあと学校長より「本日このあと手渡される通知表にある成績を見て、学習面の振り返りをして、次の学年へ向けて備えてください。ただし、通知表にはあらわれない普段の学校生活や家での過ごし方についても春休みの間に振り返ってください。もちろん、悪いことばかりを振り返るのではなく、良いこと・できたこと・満足できたこと・成長できたことなども振り返ってほしいと思います。そして最後に”(自分の)いいところさがし”と”生きがいさがし”を休み中にしてほしいと思います。」との話がありました。

先日卒業した3年生を含め平城西中学校の生徒のみんなが、学習面だけでなく、部活動や行事,委員会活動など、多方面にわたり本年度もよくがんばってくれました。来年度もこの良き伝統を引き継ぎ、学校全体でさらによい平城西中学校を築き上げていきたいと思います。一年間、平城西中学校の活動に対してご理解いただき、物心ともにわたるご援助や暖かいご声援をいただき感謝いたします。ありがとうございました。来年度もよろしくお願いいたします。

3月22日(水)

1年生で福祉体験を行ないました。アイマスクを使用して目の不自由な方がどのように感じるのかを体験しました。また、どのようなことが手助けになるのかを今日の体験を通して考えました。普段は気が付かない段差や、指示の言葉の選び方など、色々なことに気づいた1時間でした。詳しくは「1年生の様子」のページをご覧ください。

3月21日(火)

1年生で学年レクレーションが行われました。今年度最後となるレクレーションです。競技はドッジボールとバレーボールでした。バレーボールは大きくてやわらかいボールを使って、ワンバウンドありの特別ルールで行なわれました。各クラス4チームに分かれ、総当たり戦で勝負しました。学年最後のレクレーションということもありとても盛り上がり、充実した楽しい時間を共有しました。詳しくは「1年生の様子」のページをご覧ください。

3月15日(水)

第44回卒業証書授与式を挙行しました。寒空の中の式でしたが、たくさんの来賓の方、保護者の方にお越しいただきました。感謝申し上げます。今年は102名の3年生が栄えある卒業証書を手にしました。式では、学校長の式辞・歌の披露もあり、厳粛ながらも和やかな雰囲気の式となりました。また、在校生の送辞・卒業生の答辞も素晴らしく、その中にある歌の披露も素晴らしいコーラスとなって、式に華を添えていました。中3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。これからのみなさんに幸多かれと心より願っています。

3月14日(火)

卒業式予行をおこないました。早朝より準備を担当してくれた2年3組のみなさん、ごくろうさまでした。予行は、卒業生入場から退場までを通して練習しました。送辞や答辞は中をカットしての練習となりました。明日のお楽しみです。予行後は、2年1・2組のみなさんが準備を担当し、立派な式場をつくり上げてくれました。ありがとうございました。明日は卒業式です。空模様が少し心配ですが、晴れやかな式の一日としたいと思います。

3月9日(木)

本年度最後の中央委員会が開かれました。委員会では、はじめに生徒会より、”卒業式の最終確認”,”今年度のまとめとお礼”,”ストップいじめ3ヶ条” の件についての話がありました。”ストップいじめ3ヶ条”というのは、先日開催された「ストップいじめ なら子どもサミット」において話し合われ、発表されたものです。奈良市内の学校全体で取り組む活動として紹介されました。続いて各委員会より、”一年間の取り組みのまとめ”,”来年度に向けて”,”各委員長からの最後のあいさつ” 等があり、最後に中央委員会議長・副議長・書記より退任のあいさつがあり、本年度の中央員会を閉じました。先日の学年・各種委員会に引き続き、後期中央委員会メンバーとして、先輩方のがんばりを引き継いだ、すばらしい活動をおこなってくれました。中央委員会のみなさん、活動ご苦労様でした。

3月7日(火)

本日午後は、三年生歓送会が開かれました。吹奏楽部の演奏とともに花のアーチをくぐって3年生が入場。実行委員長より「これまで、3年生のみなさんに楽しんでいただけるように準備をしてきました。3年生のみなさん、2時間という短い時間ですが楽しんでください。」,生徒会長より「今日は、1・2年生から3年生にむけて感謝の気持ちを込めて会を開きます。みんなが楽しんでもらえるように、手拍子や掛け声などで盛り上げてください。」との話がありました。

オープニングは吹奏楽部の演奏でした。『ガラスの少年』,『sing sing sing』,『前前前世』の3曲を披露してくれました。

次に、3年生思い出ビデオの上映があり、3年生へのインタビューがありました。インタビューでは、旧生徒会メンバーや部活動のキャプテン・部長がステージに立ち、「夢が1つ叶うなら?」,「中学校生活の思い出は?」,「高校でがんばりたいこと」,「後輩へのメッセージ」などの質問にユーモアを交えながら答えてくれました。

最後に後輩より3年生に、記念品・花束の贈呈がありました。

終わりに、3年生代表より「今日はすばらしい会を開いてくれてありがとうございます。これまでの用意も大変だったと思います。本当に感謝しています。」と、また実行副委員長より「今日の送る会はどうでしたか? 3年間の思い出を胸に、4月からの新生活もがんばってください。」とそれぞれ挨拶があり会を閉じました。

この日に至るまで、何度も練習・準備を重ねた1・2年生のみなさんのおかげで、素晴らしい会を開くことができました。ご苦労様でした。3年生が退場した後、「今日はみなさんのおかげで、よい送る会を開くことができました。3年生の先輩方もきっと喜んでくれたと思います。15日には卒業式があります。3年生が誇りをもって西中を卒業していけるように、しっかり練習をしていきましょう。」と話していました。1・2年生だけでなく3年生も、すばらしい式の中卒業できるように、全校でしっかりと取り組んでいきましょう。

3月6日(月)

本日2~3限にかけて、2年生を対象とした救急救命講習をおこないました。昨年、初級の講座を受講した2年生、今年はレベルアップした内容を受講することとなりました。『もしものときは、助けられる側ではなく、助ける側。』この考え方が学校全体で浸透してきました。高い意識をもって受講にのぞむ2年生の姿が見られました。今回も講師先生としてお越しいただいた、北消防署の皆様、地域消防団の皆様、いつもご教授いただきありがとうございます。今回もたいへん勉強になる講習会となりました。

3月3日(金) 

今年度最終の学年・各種委員会を開きました。この一年間の取組のまとめ(総括)と、来年度に向けての引き継ぎ事項についての確認をおこないました。先輩方のがんばりを引き継ぎ、しっかりと活動をし、来期の活動も楽しみと感じさせる活動でした。学年・各種委員会のみなさん、後期の活動ご苦労様でした。

3月2日(木)

今日の6時間目に1,2年生合同学年集会を行ないました。前半は送る会の概要や流れの確認、後半は卒業式に向けた歌練習と送辞練習を行ないました。前回よりも大きい声で歌が歌えるように、実行委員を囲んで歌ったり、1年生と2年生で声の大きさを勝負したりしながら練習に励みました。