ゲストティーチャー講座 ~ 進路を考える一日 ~

10月26日(水)は、3年生にとって進路を考える一日となりました。

 

高等学校特色学科体験授業講座

午前中は、県立高等学校特色学科の先生方をお招きし、体験授業を行っていただきました。

・平城高等学校(教育コース)

 教育コースの説明があったあと、「勉強を阻害するもの」というテーマでの話し合いをとおして、教育の手法についての手ほどきを受けました。

 

・磯城野高等学校 家庭科

「マジパン」つくりの体験を通して、食品加工の楽しさを教えていただきました。みんな上手にウサギをつくりました。

 

・奈良朱雀高等学校 商業コース

 小切手の取り交わしの例を学び、簿記の基本を教えていただきました。オリジナル小切手は記念になりました。

 

・二階堂高等学校 キャリアデザイン科

 パソコンを用いたプログラミングの実習で、”おみくじアプリ”の作成にチャレンジしました。 そして、アプリが上手く作動する”達成感”について考えていきました。

 

3年生は上記コースより2コースを選び受講しました。高等学校の授業の体験することで、自身の進路をみつめる機会をいただくことができました。各高等学校の先生方におかれましては、お忙しいなか本校にお越しいただき、生徒のために素晴らしい授業を展開していただきありがとうございました。

 

ようこそ先輩! ~ 高3の先輩から話しを聞こう ~

午後は、現高校3年生の本校OB・OG13名を招き、高等学校と中学校の違いや3年前の経験について話してもらいました。1教室あたり3~4名の先輩方に入っていただき、3年生が4教室にわかれて話を聞かせてもらいました。

 

私立高校や公立高校普通科・特色学科など、多種多様なコースに進学された先輩方を招き、それぞれの学校の魅力や違いについて説明をしてもらいました。

 

また、3年前の進路決定について振り返ってもらい、どのように進路を決定していったのか。進路実現に向けて学習面をはじめ、どのような努力を重ねていったのか。などの経験談を披露してもらいました。

 

3年生にとっては、今後の自身の進路決定に向け大いに参考になったことと思います。先輩のみなさん、かわいい後輩のために一役買ってくださりありがとうございました。また先輩方のこれからのご活躍を心より願っております。