平成28年度 第44回 入学式

4月11日(月)、肌寒い朝となりましたが、新1年生80名、全員元気に登校し、注目のクラス発表を確認して教室へと入っていきました。

10:00、大きな拍手の中、緊張した面持ちで、新入生が体育館へと入場してきました。

新入生呼名では、80名すべての1年生が元気よく返事をし、起立していきました。

学校長からの式辞では、ラグビーフットボール日本代表GM 岩渕 健輔 氏の”『変えることが難しいこと』を変える”という言葉を例えとし、「今日からの3年間、ブレない長期的なプランを持ち、『変えることが難しいこと』を変えていってください。そしていつの日か歩んできた道を誇れる日が来ると信じてがんばってほしいと思います。」と話がありました。

続いて生徒会長より「平城西中学校のスローガン”西中BEST”の思いをお互いに大切にして過ごしていきましょう。またこれからの3年間、楽しいことだけでなく、つらいこともあるでしょう。困ったことがあれば、私たち(先輩)に相談してください。学校生活を充実したものにするため、いっしょにがんばっていきましょう!」と、在校生を代表して歓迎の言葉を述べてくれました。

そして新入生誓いの言葉を、「小学校で学んだ大切なことを忘れず。失敗を恐れず、さまざまなことにチャレンジしていきたいと思います。苦しいことや迷いがあっても、夢を信じて努力を続けていきたいと思います。」と代表生徒が述べてくれました。

最後に、1年生担当職員の紹介がありました。学年主任,1・2組担任,学年担当の紹介があり、1年生は新たな出会いをすることとなりました。

そして再び大きな拍手の中、1年生は式場から退場し、各教室にて学活をし、入学式という最初の一日がとじました。