平城小学校 ストップいじめアクションプラン  奈良市立平城小学校    

いじめを見逃さない、ゆるさない学校』

教師のアクション

  ○子どもが主役となる魅力的な教育実践の推進

①「いじめを絶対に許さない」「一人ひとりを大切にする」人権意識を育てる。

②魅力ある授業づくりに努め、「自己存在感」「共感的人間関係」「自己決定力」を育む共同的な学びを築く。

③児童会、学級活動、学校行事の中で良好な人間関係を育む。

④情報モラル教育の充実を図る。

○子どもの些細なサインに気づく学級経営を行う

①朝の健康観察で学級全員の様子をつかむ。

②生活目標、学級目標等を教室にきちんと掲示する。

③休み時間、給食の時間、掃除の時間等の児童の人間関係を把握し、できる限り全員に声掛けをする。

④教室の整理整頓に努める。

⑤月1回児童の実態報告会を開き、情報交換をする。

○保護者・地域・スクールカウンセラー・関係諸機関との連携を密にする

①対応策を全職員が共通理解し、問題行動発生時には、生徒指導部に連絡・相談をする。

②連絡・家庭訪問を通して、日常より保護者との信頼関係を築く。

③生徒指導部を窓口として、関係機関・地域の協力を得て対応する。

【児童のアクション】

○明るく楽しい学校の主役となる

①毎月11日の「なかまの日」の取組

②人権参観や道徳の授業を通して、人権意識の向上

③児童が中心となる児童会活動

  ④児童による振り返り活動の充実    
 家庭・地域のアクション

○子どもが大切にされる家庭・地域づくり

①日常の情報交換を密にした学校との連携

②登下校の見守り運動

③地域行事を通しての人間関係づくり

【いじめ発生時の対応】 

 

①  いじめの疑い・訴え・発見          ⑥ 保護者への報告(被害者、加害者)

②  いじめに特化した校内委員会の開催     ⑦ 傍観者への指導

③  正確な情報把握                             ⑧ 学級・学年・全校への指導

 (被害者・加害者・周囲・教師・保護者等)⑨ 保護者、地域の協力を得る 

④  関係機関への連絡・連携                (再防止の取り組み)

⑤  被害者の支援、加害者の指導       ⑩その後の継続的な見守り・指導