過去のソフトボール部のページ  平成25年度   平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成30年度 

                     ※ 平成29年度は活動休止

TOPICS

新チーム結成!  

   8月より新チームとして三笠中、生駒南中との三校で合同チームを結成しました。

    

活動報告

 

令和2年 初練習 (令和2年1月6日)

 令和2年を迎え、1月6日から練習を始めました。今年の初練習は三笠中学校から春日大社までのランニングから始まりました。本殿に参拝したり、おみくじを引いたりした後、全員で絵馬に7月の県総体にむけて願いを込めました。そこから興福寺まで戻って五十二段の階段でダッシュをした後、三笠中学校に戻ってお餅を焼いてたべさせていただきました。

  

  

  

  

 

地域行事ボランティア (「伏見まつり」 令和元年11月2日)

 伏見小学校を中心として少年指導協議会など地域の様々な団体が参加して毎年行われている「伏見まつり」にボランティアとして参加しました。朝8時から机、いすの搬出などの準備を手伝った後、社会福祉協議会が主催する車いす体験の案内役として車いすの使い方や操作について小学生たちに説明。その活動ぶりに地域の方々からもお礼や感心の言葉をいただきました。

  

  

 

奈良県秋季新人大会 (富雄中学校会場 令和元年10月28日)

 奈良県秋季新人大会に出場しました。今年度最後の公式試合であり、なんとか予選を突破することを目標に一日目の予選リーグに臨みました。

 一試合目は桜井中との対戦です。夏までの前チームでは奈良県でトップクラスのチームであり、いきなり強豪校との対戦となりました。初回から点は取られるものの大量失点することなく、3回には伏見中2年生の3塁打をきっかけに1点をもぎ取りました。

 二試合目は富雄中との対戦でした。今回のリーグは変則リーグ戦であり、2敗しても失点差によっては決勝トーナメントに進出できるため、なんとか点を取られない試合運びが必要でした。3回までは取ったり取られたりの試合でしたが、疲れの見えた4回にミスが重なるなど15点という大量失点をしてしまいました。その結果、同じ2敗で並んだ学校とわずか2点の失点差でリーグ最下位となり、目標の決勝トーナメント進出はなりませんでした。

 

第1試合  対 桜井

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見・三笠・生駒南

0

0

1

0

0

0

 

1

桜 井

1

2

3

2

0

×

 

 

第2試合  対 富雄 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

富 雄

3

0

2

15

 

 

 

20

伏見・三笠・生駒南

0

1

3

2

 

 

 

6

 

  

   

生駒市新人大会 (上中学校会場 令和元年9月28日)

 今週は生駒市の新人大会に出場しました。生駒市も全4チームの参加で大会が行われ、結果、一回戦で対戦した緑ヶ丘中学校が優勝しました。伏見・三笠・生駒南合同チームもこの三週間連続で試合経験を重ねる中で、苦しいながらもできるようになったことが少しずつ増えてきており、一か月後の奈良県新人大会に向けて努力することを約束して大会を終わりました。

 

一回戦  対 緑ヶ丘 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

0

0

2

0

 

 

 

2

緑ヶ丘

1

0

2

 

 

 

7

 

三位決定戦  対 上 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

4

6

7

3

 

 

 

20

伏見.三笠.生駒南

0

1

0

0

 

 

 

1

 

奈良市新人大会 (飛鳥中学校会場 令和元年9月22日)

 奈良市新人大会に出場しました。各校の部員不足は深刻で、年々チーム数が減っており、今年度は4チームのみの出場となりました。

 一回戦の対戦相手は飛鳥中学校でした。先週の南北別新人大会では勝っており、なんとか再現を!と試合に臨みましたが、この日は投手、野手とも守備のミスを重ねてしまい、打たれていないのにどんどん失点を重ねる悪いパターンにはまってしまいました。その結果、一回戦で敗退、続いて行われた三位決定戦でも同様に悪い状態のまま敗退してしまいました。

 

一回戦  対 飛鳥 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

0

1

0

0

0

0

 

1

飛鳥

0

4

2

2

0

×

 

8

 

三位決定戦  対 京西 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西

9

6

0

 

 

 

 

15

伏見.三笠.生駒南

0

0

3

 

 

 

 

3

 

 

 

奈良県南北別新人大会 (大瀬中学校会場 令和元年9月14~15日)

 奈良県南北別新人大会に出場しました。新チームを結成してから二度の合同練習をしただけで迎えた初めての公式戦ですが、急な欠席者も出る苦しいチーム事情の中、試合を重ねるごとに少しずつですがチームとしての動きができるようになり、最終戦ではついに初勝利を挙げることができました。その結果、新チーム最初の大会は1勝5敗で参加7チーム中6位という結果となりました。

 9月14日

第1試合  対 上 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

1

0

2

3

 

 

 

6

6

4

0

×

 

 

 

10

 

第2試合  対 大瀬 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

0

0

0

0

 

 

 

0

大瀬

10

7

2

3

 

 

 

22

 

第3試合  対 京西 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

1

0

0

0

 

 

 

1

京西

1

0

1

8

 

 

 

10

 

 9月15日

第1試合  対 緑ヶ丘 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

0

1

0

1

 

 

 

2

緑ヶ丘

5

2

2

×

 

 

 

9

 

第2試合  対 富雄 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

0

0

0

 

 

 

 

0

富雄

6

3

2

 

 

 

 

11

 

第3試合  対 飛鳥 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

伏見.三笠.生駒南

1

7

0

 

 

 

 

8

飛鳥

1

5

1

 

 

 

 

7

  

  

  

  

  

  

 

第35回 奈良・滋賀・和歌山三県中学女子ソフトボール選手権大会 (天理市長柄総合グラウンド 令和元年8月1~2日)

 いよいよ奈良・滋賀・和歌山各県の予選を勝ち抜いた16校による三県大会がやってきました。京西・伏見合同チームにとっても昨夏以来活動を共にしてきた現チームで試合ができる最後の大会であり、持っているすべての力を出し切り、後悔しない試合をすることを誓って一次トーナメントに臨みました。

 一次トーナメント一回戦は昨年のこの大会の優勝校であり、今年度も滋賀県No.1チームである高穂中学校(協会主催試合であるためチーム名は「○○クラブ」)とあたりました。いきなり強豪校との対戦でしたが、前半はリードを奪うものの、後半はさすがの打力に圧倒され、一回戦敗退。一回戦の敗戦チーム同士で戦った第2試合も守備のミスなどでランナーを出したところで長打を打たれてしまい、残念ながら2連敗。翌日の順位決定トーナメントは4位グループで試合をすることになりました。

 大会2日目、負ければ最後となる試合となるため、チームの意気込みも少し変化がみられ、ミスが出てもしっかり声をかけたりフォローしたりできた結果、今大会初勝利を挙げることができました。そしていよいよ順位決定最終戦、そして勝っても負けても現チームでの最後の試合は和歌山県No.1の高野口中学校との対戦となりました。前半の長打2本による失点のみで最後にふさわしい引き締まった試合ができましたが、攻撃は3年生のホームラン1本におさえられてしまいました。

 最終的な結果は4位グループ中2位、全16チーム中14位に終わりましたが、予選を勝ち抜いて本大会に出場し、各県の強豪校と試合ができたことは、引退する3年生にとっても、これから新チームを作っていく1,2年生にとってもいい経験になりました。

 

 8月1日

一次トーナメント 第1試合  対 高穂クラブ(滋賀) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

2

0

0

1

0

0

 

3

高穂

1

0

0

5

2

 

10

 

一次トーナメント 第2試合  対 高雄クラブ(和歌山) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

高雄

4

1

0

4

0

 

 

9

京西・伏見

1

0

3

0

0

 

 

4

 

 8月2日

順位決定トーナメント 第1試合  対 紀ノ川(和歌山) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

1

2

2

2

 

 

7

紀ノ川

2

0

0

0

0

 

 

2

 

順位決定トーナメント 第2試合  対 高野口(和歌山) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

0

0

0

1

1

高野口

2

0

2

0

0

0

×

4

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

近畿大会・三県大会強化練習会(香芝北中学校会場 令和元年7月28日)

 近畿大会・三県大会出場校の奈良県代表が集まって強化練習会を行いました。60分間は通常の試合形式で、最終回はタイブレーカ―方式で試合を行い、近畿大会、三県大会へ向けての確認、調整を行いました。

 

第1試合  対 郡山 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

5

0

2

 

 

7

郡山

0

0

0

0

1

 

 

1

 ※ 5回はタイブレーカ―方式

 

第2試合  対 桜井 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

1

 

 

 

1

桜井

5

1

1

6

 

 

 

13

 ※ 4回はタイブレーカ―方式

 

全日本中学生男女ソフトボール大会奈良県予選(京西中学校会場 令和元年7月25日)

 第19回全日本中学生男女ソフトボール大会奈良県予選に出場しました。京西・伏見チームの2,3年生のほとんどがこの全日本大会出場を昨年夏のチーム発足時の目標に掲げており、いわばチームの最終目標としていた大会です。

 例年奈良県では、三県大会出場チームと県総体3位チームから予選を行い、勝ち残った2校が8月10日から大阪舞洲で開催される本戦に出場しています。今年は香芝北中、富雄中、郡山中、京西・伏見中の4チームで本戦出場を争い、京西・伏見中は富雄中と対戦することになりました。

 初回、2回と富雄中の外野への打球を後ろへそらして長打にしてしまい得点を重ねられますが、富雄中の投手の投球をなかなか打つことができず、無得点のままゲームセット。残念ながらあと一歩のところで目標達成はかないませんでした。

 

  対 富雄

チーム

1

2

3

4

5

6

7

富雄

3

2

1

0

0

 

 

6

京西・伏見

0

0

0

0

0

 

 

0

 

第70回奈良県中学校総合体育大会(天理市長柄総合グラウンド 令和元年7月21日)

 いよいよ3年間の集大成となる大会である県総体を迎えました。京西・伏見チームはまだ三県大会への出場があるものの、残り少ない試合を三年生中心にいい雰囲気で全力を出せるよう気持ちを引き締めて試合に臨みましたが、初回、緊張からか守備のミスを頻発して5失点。なんとか盛り返そうと得点はするものの、緑ヶ丘の守備になかなか思うように得点させてもらえず、逆に確実にヒットを重ねられて点を取られ、結局最後まで初回の失点が響く形で残念ながら一回戦敗退となってしまいました。

 

1回戦  対 緑ヶ丘 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

緑ヶ丘

5

0

3

1

1

 

 

10

京西・伏見

0

2

0

0

2

 

 

4

 

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 

第70回奈良市中学校総合体育大会(富雄中学校会場 令和元年6月16日)

 今年の市総体は三県大会予選が天候不良により日程変更された影響で、予定より1週間遅れて開催されました。

 1回戦は先月の市民体育大会と同じく三笠中と対戦しました。この試合はピッチャーの安定したピッチングに加えて野手のエラーも少なく、いい雰囲気で試合を進めることができた結果、前回の悔しい敗戦のリベンジを果たし決勝に進出することができました。

 決勝戦は富雄中との対戦でした。1回戦に引き続いてピッチャーは好投し、長打はまったく打たれなかったものの、富雄中の機動力を活かした攻撃に焦らされ、すべてエラーでの失点となってしまいました。後半はなんとか立て直して、最終回には先頭打者の3年生のヒットと好走塁で1点が入り、その後も2者が出塁して一打同点というチャンスはありましたがあと1本が出ず、残念ながらゲームセットとなり、昨年秋の新人大会に続き準優勝となりました。

 

1回戦  対 三笠 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

2

0

1

1

 

 

4

三笠

0

0

0

0

2

 

 

2

             

 

決勝戦  対 富雄 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

0

0

1

 

1

富雄

2

1

1

0

0

×

 

4

 

  

  

   

  

  

  

        

  

 

三県大会奈良県予選 (香芝北中学校会場 令和元年6月8日)

 第33回三県大会の予選に出場しました。ブロック3校でリーグ戦を行った結果、1勝0敗1分でブロック1位となり、8月1日~2日に奈良県で開催される奈良・滋賀・和歌山三県中学校ソフトボール大会に奈良県代表として出場することになりました。

 

第1試合  対 平群 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

平 群

0

0

0

2

 

 

 

2

京西・伏見

1

1

2

0

 

 

 

4

 

第2試合  対 大瀬

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

1

0

0

0

 

 

 

1

大瀬

0

0

1

0

 

 

 

1

 

※ 第3試合  平群 対 大瀬 は引き分け

 

 Bブロック 1位 京西・伏見 1勝0敗1分

       2位 大瀬    0勝0敗2分

       3位 平群    0勝1敗1分

  

  

  

  

  

  

市民体育大会 (富雄中学校会場 令和元年5月12日)

 市民体育大会に出場しました。奈良市内でも多くのソフトボール部が部員不足に悩み、今年度は一気に3校の廃部が決定、5校4チームでの大会となりました。

 一回戦は三笠中に対し、何度もチャンスを作るもあと一本が出ず、取られては追いつく展開でしたが、延長タイブレーカ―となった6回に集中打を浴び、ミスも重なって一挙に得点され残念ながら敗退してしまいました。

 続く三位決定戦でも悪い流れを変えることができないまま得点され、2点リードされて迎えた最終回、3年生がつないだチャンスに1年生の二人が連続ヒットでサヨナラ勝ち。試合運びはまったく納得できるものではありませんでしたが、なんとか3位に入ることができました。

 

1回戦  対 三笠 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

三笠

0

1

0

0

2

8

 

11

京西・伏見

0

0

1

0

2

0

 

3

             ※6回は延長タイブレーカ―

 

三位決定戦  対 飛鳥 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

飛鳥

2

0

1

1

0

0

 

4

京西・伏見

1

0

0

1

0

 

5

 

  

  

  

  

   

 

皐月大和路研修大会 (真美ヶ丘中学校会場 令和元年5月3日)

 皐月大和路研修大会に参加しました。今年は奈良県のチームに加え大阪、京都、兵庫、滋賀から計35チームが参加、2会場に分かれて開催され、真美ヶ丘中会場で県外の中学校と4試合を行いました。

 今大会は入部したばかりの京西中の1年生も積極的に起用し、今までとは違う守備位置など、様々な形を試してみました。特に4試合目は1年生6名+2,3年生3名で臨んだことは1年生にとっては今後の励みに、2,3年生にとってはチームの今後について考える機会になってほしいものです。

 

第1試合  対 旭陽中学校(大阪)

チーム

1

2

3

4

5

6

7

旭陽

0

2

0

1

 

 

 

3

京西・伏見

0

0

2

0

 

 

 

2

 

第2試合  対 錦中学校(大阪) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

 

 

 

 

0

3

2

1

 

 

 

 

6

 

第3試合  対 梶中学校(大阪)

チーム

1

2

3

4

5

6

7

4

3

0

0

 

 

 

7

京西・伏見

0

0

2

0

 

 

 

2

 

第4試合  対 青雲中学校(兵庫) 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

青雲

3

1

1

7

 

 

 

12

京西・伏見

0

0

1

0

 

 

 

1

 

   

  

  

 

奈良県中学校ソフトボール選手権大会 (広陵中学校会場 平成31年4月21日)

 新年度に入って最初の公式試合である奈良県中学校ソフトボール選手権大会に参加しました。予選は4校ずつのブロックで総当たりのリーグ戦を行いました。

 三試合とも、攻撃がつながらず得点がなかなか入らないうちに、守備のミスで失点を重ねるパターンが続き、終わってみると0勝2敗1分でブロック最下位、悔しい予選敗退となってしまいました。

 

第1試合  対 広陵 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

1

0

 

 

1

広陵

0

2

2

0

×

 

 

4

 

第2試合  対 上

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

2

0

0

1

6

 

 

9

0

1

0

3

5

 

 

9

 

第3試合  対 

チーム

1

2

3

4

5

6

7

京西・伏見

0

0

0

1

0

 

 

1

真美ヶ丘

1

0

3

2

×

 

 

6