学校感染症と出席停止の基準 

奈良市立伏見小学校

*インフルエンザ
 発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで

*百日咳
 
特有の咳が消失するまで、または、5日間の適正な抗菌剤による治療が終了するまで

*麻しん(はしか)
 解熱後3日を経過するまで

*流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
 耳下腺・顎下腺・舌下腺の腫脹が発現後5日間を経過し、

 かつ全身状態が良好となるまで

*風しん
 発疹が消失するまで

*水痘水痘(みずぼうそう)
 
すべての発疹が痂皮(かさぶた)化するまで
 
*咽頭結膜熱(プール熱)
 
主要症状が消失後2日を経過するまで

*溶連菌感染症
  適正な抗菌剤治療開始後24時間を経て全身状態が良ければ登校可能

*手足口病
  
発熱や咽頭・口腔の水疱・潰瘍を伴う急性期は出席停止、

  治癒期は全身状態が改善すれば登校可能

*伝染性紅斑(りんご病)
 
発疹のみで全身状態が良ければ登校可能

*マイコプラズマ感染症
  急性期は出席停止、全身状態が良ければ登校可能

*感染性胃腸炎
  下痢・嘔吐が軽快し、全身状態が改善されれば登校可能

 

 

学校感染症による出席停止(届け)