9月29日(木)

うだアニマルパークからゲストティーチャーが来校し、1年生が「いのちの教育」の2回目を行いました。

今回は、一人一人の胸に聴診器みたいなものを当てて、自分の心臓の心拍音を聞かせてもらいました。

「ドクン ドクン…」と音が聞こえると、子どもたちはびっくり。

今回もしっかりと命の大切さを学びました。