5月25日(水)

5年生の算数の授業では、立体図形の体積の学習を行っていました。

小さなブロック(1㎤)を積み重ねて体積を数えたり、立方体や直方体の体積の求め方などを学んでいました。

さすが高学年ともなると、教室は静かで集中している雰囲気がありました。