5月24日(火)

4年生の教室をのぞくと、子どもたちが音読の練習をしていました。

国語の単元名は「アップとルーズで伝える」。

姿勢よく、教科書をしっかりと両手で持って、はきはきと音読していました。

また、他の学級も社会や算数などの授業を一生懸命にがんばっていました。