8月31日(火)

6年生の理科では、「大地のつくり」の学習を行っています。

この単元では、土地が、礫、砂、泥、火山灰などからできており、層をつくって広がっているものがあることなどを学びます。

しかし、このような地層などは、なかなか身の回りで目にすることが難しいので、資料や視聴覚教材等がとても大切です。

子どもたちは理科専科の先生の話をしっかりと聞き、ワークシートに記入しながら学習を進めていました。