7月12日(月)

2年生の国語で、とても有名なお話「スイミー」。

小さな1匹の黒い魚スイミーは、他の赤い魚たちと勇気を振り絞って、大きなマグロを追い出します。

「ぼくが目になろう。」というスイミーの力強い言葉と皆が心をひとつにして大きな魚にみせかける場面は、子どもだけでなく大人まで勇気づけてくれます。

そのスイミーのお話を子どもたちが絵にして、2年生教室の後ろの壁面に掲示しています。

見ていると、とても心が和みます。