12月10日(木) 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた

 全国的に新型コロナウィルスの感染拡大が広がってきています。今まで以上の感染予防が必要な状況になってまいりました。奈良県内でも児童生徒の感染事例も増加傾向にあります。ご家庭におかれましても、できる限り不要不急の外出を控えていただき、マスク、手洗いの基本的な感染予防の徹底をお願いいたします。国は、今後緊急事態宣言を出しても、学校での感染が多くないこと、子どもの重症化は見られないことから、臨時休校の措置は行わず、各都道府県教育委員会にも臨時休校措置はできるだけ控えるようにと通知を出しております。学校では、もう一度完成予防対策を見直し、新型コロナウィルスの感染拡大がしないようにきちんと対策を立て、感染防止対策を徹底していきたいと考えています。学校ではマスクの着用、手洗いの徹底、しゃべらないでの給食、ソーシャルデイスタンスをとることを今まで以上に意識し、きちんと行っていきます。また、寒い時期となってまいりましたが、学校では常に外側と、廊下側の窓を少し開けて喚気をしています。休み時間には窓を全開して、教室の空気をすべて入れ替えるようにしています。喚起も行っております。昨日より教室に加湿器を導入しました。各教室に3台置いています。湿度を上げることでウイルスを不活性化させる効果があり、コロナウイルスをはじめインフルエンザ予防の対策です。今後も、ご家庭でも新型コロナウイルス感染予防のご協力をお願いいたします。

  11月25日(火) シトラスリボン運動の取組

 『シトラスリボン運動』とはコロナ禍で生まれた差別、偏見を耳にした愛媛の方々が作られた取組です。愛媛県特産のかんきつにちなみ、シトラス色のリボンを身に着けて、コロン禍の中でもみんなが安心して、暮らしやすい世の中を作くり、コロナに対する差別や偏見をなくしていきましょうと呼びかける運動です。本校の6年生が、この『シトラスリボン運動』をぜひ小学校で取り組みましょうと声を上げてくれました。まずは6年3組の学級で取り組みが始まり、学校の校舎にポスターを掲示しくれました。少しずつ子どもたちにもこの運動が広がっていくことと思います。地域人の人たちにもこの取組を知っていただき、地域でも新型コロナウイルス感染症への偏見や差別がなくなるようにと、あやめ池公民館にも子どもたちのポスターを掲示させていただきました。また、シトラスリボンも置かせていただきました。子どもたちの取組が地域の方に知っていただき、少しずつ広がりがあればと思います。

   10月20日(火) お話の会のボランティアの方に活動を開始していただきました。

    子どもたちの本の読み聞かせをていただいている『お話の会』の活動は、本年度のコロナウイルス感染予防のため、実施できていませんでした。子どもたちも毎年お話の会を楽しみしていて、今年はいつあるのですかと子どもたちも聞いてきます。ボランティアの方もなんとか読み聞かせができないのかと考えていただき、2学期はビデオを撮影して、オンラインで実施していただくことになりました。今日は撮影に向けての準備と練習をしていただきました。子どもたちのために地域の方々に協力いただけることに感謝しております。

   9月7日(日) 放課後子ども教室で『卓球教室』が開催されました。 

   学校活動のないときに、子どもたちの居場所づくりと、地域での活動機会を設けるために、放課後子ども教室があります。年間を通して様々な体験活動を計画しておりますが、今年度はコロナ感染拡大予防対策を行ったうえでの実施となりますので、活動に制限があったり、活動によっては中止になった取組もあります。9月6日土曜日は、地域の卓球クラブの指導者とあやめ池公民館の協力をえて、『卓球教室』を実施しました。低学年と高学年の2部制に分けて、密を避ける対策をとって行いました。参加した子どもたちは楽しく活動し、上達も早く、ラリーも長く続くようになっていました。これからも地域の方に協力していただく活動を大切にしていきたいと思います。

   8月7日(金曜日)  3年~6年生の1学期終業式を行いました。

 新型コロナウィルスの感染者が全国的に増加傾向にあります。近畿圏でも大阪府をはじめ増加傾向になっており、奈良県でも感染者が出てきています。奈良市におけるモニタリング指標もフェーズ2の段階になり、県内の学校では児童や職員の感染が確認され、臨時休業となっている学校もあります。本校では、新型コロナウィルスに感染者させないように、また感染が拡大しないように、十分に気を付けて予防対策をしてまいりましたが、現在の状況では、だれもが感染する可能性がある状態になってきているのではないでしょうか。先日、保護者の方にお配りしましたお知らせをご確認いただき、感染が確認されたり、感染の疑いがある場合の対応について、再度ご確認いただきますようによろしくお願いいたします。1学期を振り返ってみますと、4月と5月は臨時休業で学校は特別受け入れを行い、6月から学校が再開しました。やはり子どもたちと毎日関わると私を含め本校の教員は、子どもたちから元気をもらっています。学校活動のなかで、どんなに大変なことがあっても、頑張ろうという気持ちになっています。あやっめ子と関わる中で、子どもたちを大切にする気持ちを基に、誠実に子どもと正面から向き合うかかわりを大切にしていきたいと思います。また、2学期も子どもたちが「愛されること」「ほめられること」「役に立つこと」「必要とされること」を感じ取れるように、教育活動を進めていきたいと思っています。時には厳しい対応が必要なときもありますが、厳しさの中にその子どもを思う気持ちがしっかりと伝わるようにしていきます。夏季休業中は、新型コロナウィルスの感染に気を付けていただきながら、2学期も子どもたちとの元気な姿に出会えることを楽しみにしています。

 7月31日(金曜日) 1・2年生は1学期終業式を迎えました。

 いよいよ関西も梅雨が明け、暑い夏の日差しとなりました。今日は1・2年生は終業式を行い、1学期を終えました。6月から学校が再開し、2か月余りの少し短い1学期でしたが、子どもたちはコロナウイルス感染予防のための、新しい生活様式にも慣れ、きちんと学校生活送ってくれました。毎日健康観察等のご協力本当にありがとうございました。子どもたちは本日通知表の『あゆみ』を持ち帰ります。その通知表を見ていただき、学校での学習の様子について、お子様とお話いただけたらと思います。今までできなかったことができるようになったことが必ずありますので、そこをお褒めいただき2学期からの頑張りや、やる気につなるようお話いただきたいと思います。本当に子どもたちはよく頑張ってくれました。2学期もご支援よろしくお願いいたします。

 7月22日(水曜日)コロナ対策を踏まえた授業について 

 コロナ禍のなか学校活動を進めていくうえで、感染予防対策が前提となります。特に音楽の授業では、歌を唄う、笛を吹くなど、どうしても感染のリスクが伴う活動があります。実施には感染対策を検討し、音楽の先生も、日々悩みながら、子どもたちに少しでも通常の学習活動に近づくようにと、工夫しながら授業を実施しています。例えば、朝の会の時間に体育館で距離をとってリコーダーを吹いたり、ついたてを立てながら歌唱指導をしたりと工夫をしています。歌のテストを実施するときも、廊下のオープンスペースを活用して実施し、感染対策をとっています。今後も、様々な教育活動の中で工夫をしながら、子どもたちの学びを止めないようにしてまいります。

 7月13日(月曜日)新しい教科書の使用の様子につて、教育委員会から視察に来られました。

 本年度から新学習指導要領完全実施となり、学校での授業の在り方が変わっています。それにともなって新学習指導要領に基づいた新しい教科書が導入されました。その新しい教科書が、学校でどのように活用されたているのか、また、その教科書が子どもたちにとってわかりやすい内容になっているのか、先生方にとっては使いやすい内容になっているのかということを検証するために、奈良市教育委員会学校教育課から視察に来られました。あやめ池小学校の授業についても、ご指導いただくとともに、子どもたちの取組の様子を見て頑張っている姿にお褒めの言葉をいただきました。今後も、学校として、子どもたちにとってわかりやすい授業を行っていくとととに、新しい学びに向けて取り組んでいきます。

6月17日(水曜日)避難訓練を実施しました。

  火災を想定した避難訓練を実施しています。例年は一斉放送のもと、避難経路にそって運動場に避難し集合をしていましたが、今年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、全校一斉の避難訓練は実施せず、各学級ごとに、緊急時の避難についての学習を行い、避難訓練を実施しました。1年生も担任の先生の話を聞き『オ(おさない)ア(あわてない)シ(しずかに)ス(すばやく)モ(もどらない)』の合言葉を確認しました。暑い日でありましたが、きちんと運動場に避難し、動きを確認しました。子どもたちの命を守るための、指導と対応をきちんと行っていきます。

6月10日(水曜日)下校訓練を実施しました。

 緊急時に実施する。色別一斉下校の下校訓練を行いました。災害発生時や、不審者対応の時に児童の安全確保のために色別一斉下校を行います。本来であれば、児童が実際に整列をしながら担当の教師がついて下校しますが、今年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、放課後に教師だけで動きを確認しました。緊急時にはきちんと対応できるように準備を進めています。

6月8日(月曜日)今年度最初の『全校朝礼』

 今日から学校は一斉登校となり、各学級全児童がそろっての授業が始まりました。今まではA、Bの2グループに分けての登校だったので、少し寂しい感じがししましたが、全員がそろうと子どもたちの元気な声が各教室から聞こえてきました。全校の児童がそろうのは、令和2年度の新学年がスタートしてから初めてとなります。新学年の再スタートということで全校朝礼を実施いたしました。例年であれば、全児童が体育館に集まり行いますが、コロナウイルス感染予防のため、G suite educationのシステムを使い、校長室から配信し、各教室で児童がTVモニターを見ながら話を聞きました。新たな試みでありましたが、今後も集会等につきましては一斉に集まることはできないため、G suite educationのシステムを活用していきます。今後も色々な場面で新しいシステムを取り入れ、学校活動の取り組みを工夫をしながら進めてまいりたいと思いますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

6月1日(月曜日)『学校が再開』

 5月25日からの準備登校を経て、6月1日より学校が再開となりました。地域別にA班とB班に登校グループを分け、A
班は午前中に、B班は午後に授業を実施しました。子どもたちは久しぶりの授業に少し緊張しながらも一生懸命取り組
んでいました。1年生はにとっては初めての授業となりましたが、『お勉強は楽しい』『わかるようになってうれし
い』など、少しで学習に興味や関心がわいてくるように、指導を進めていきます。今週は3限の授業となりますが、学
校生活のリズムを取り戻し、本来の元気で活気ある学校にしていきたいと思います。
 コロナウイルス感染拡大防止に向け、消毒等の感染予防対策をきちんと行い、児童を迎え入れたいと思うます。また、暑くなっていましたので、熱中症にも気をつけならがら、学校運営をしていきます。ご家庭におきましても、規則正しい生活を心がけていただくのと、登校前の検温と健康チェックをよろしくお願いいたします。また、熱中症予防のためお子様の帽子着用のご指導ももよろしくお願いいたします。

4月8日(水曜日)【令和2年度 第56回 あやめ池小学校入学式】

 4月8日に『令和2年度第56回あやめ池小学校入学式』を行いました。気持ちのいい青空のもと、本年度はコロナウイルス感染拡大防止のため、運動場での開催となりました。運動場のきれいな桜の花が新入生を迎えてくれました。ピカピカのランドセルを背負い、笑顔で保護者の方と登校する姿には思わず笑みがこぼれ、本当にうれしく思いました。運動場での開催は本年度限りの特別な対応です。子どもたちには、この貴重な思い出を胸に、これから始まる学校生活が実りあるものなるよう頑張ってもらいたいです。教職員も新入生の大きな返事の「はい」を忘れずに、新学期をスタートさせていきます。保護者の方のご理解と、ご協力をよろしくお願いいたします。

4月6日(月曜日)【学級開きその①】

  今年度も『あしょうニュース』では、各学年の特色ある教育活動を中心にお伝えしたいと思います。よろしくお願いします。さて、4月6日(月)の登校日は、旧クラスで荷物の整理した後、新クラスの発表があり、新しい学級教室に入りました。始業式は放送で実施し、今年度の教職員の発表と離任された先生方の紹介をさせていただきました。子どもたちのどきどきわくわくが、発表する私にも伝わってきましたが、最後までしっかり聞いてくれました。その後、9日から17日までの臨時休業についての話を聞いて下校しました。コロナウイル感染症予防のため、1時間の登校日・始業式となりました。20日の再登校の日には児童の元気な笑顔を見られることを期待しています。健康を第一に考えた生活を送ってください。