10月31日(水)

飛鳥の銀杏も色づき始めました

 朝晩ずいぶん冷え込む季節になり、その寒さに背中を押されて、新道もきれいに色づき始めてきました。そして飛鳥の銀杏もいよいよ色づき始めてきました。またきれいな紅葉も本校HPでアップする予定ですが、どうぞ学校にも足をお運びいただき、子どもたちの姿とともに、飛鳥の紅葉も目にしてください。

家庭科の授業にお邪魔しました

 今日は2年生の家庭科でみたらし団子の調理実習がありました。作業そのものは簡単な内容で、どの班も男女仲良く、そしてうまく役割分担しながら楽しくつくっていました。いざ団子を丸めるときには、班によって大きさがばらばらで、大きな団子から、ちょっと小ぶりの団子まで様々でしたが、たれを身にまとって完成した団子はどれも美味しそうにできあがっていました。また一度お家でも一緒につくってみて下さい。子どもたちはきっと手際よく頑張ってくれると思います。

3年生面接指導1回目

 今日から3年生は面接指導が始まりました。毎年この時期には、飛鳥中学校では地域の方に学校まで来ていただき、3年生の面接練習をしていただきます。日頃顔を合わせているとはいえ、やはり学校の先生が面接をするのとは少しばかり勝手が違うようで、3年生の生徒は緊張をしていたようです。この面接練習が11月半ばまで続きます。このあと、3学期には、今度は中学校の先生が面接練習をします。こういった経験を一つ一つクリアして、是非自分の希望の進路実現が出来るように頑張って欲しいです。地域の人たちもそんな3年生を、背中からずっと応援していただいています。

あすかスタサポ開室

 面接練習もあった今日、地域の方で『あすかスタサポ(放課後図書館学習)』の開室もしていただきました。面接といい、この『あすかスタサポ』といい、飛鳥中学校区の人たちは、この地域の子どもたちを精一杯大切にしていただいています。

 先日生徒の皆さんには、次のような呼びかけのプリントを配布染ました。保護者の皆様も一度見ておいてください。

あすかスタサポを活用してみよう

 

【今日の飛鳥中生】今日、休み時間に1年生の教室前を歩いていると、ある生徒が床に落ちていた紙くずをすっと拾ってゴミ箱に捨ててくれました。ありがとう。

10月30日(火)

校内研究授業をしました

 飛鳥中学校では、教員の授業力を高め、子どもたちにしっかりとした力を育てるために、毎年いろいろな形での授業研究を繰り返ししています。その中でも、今日は全校研究授業ということで、1年生の生徒だけが残って、全教員みんなで1年生の授業を見させてもらって勉強をしました。今日の研究授業のテーマは来年度から本格実施される「特別の教科 道徳」です。1年生の各担任が同じ教材でそれぞれの個性を生かして授業をすすめてくれました。その後の研究協議でも、「学び合える点」や「厳しい指摘」など本当に忌憚のない意見交換ができ、有意義な学びをできました。こういうところが飛鳥中の良いところだと思います。研究協議では来年度から実施する道徳の評価についても話し合われました。こんなふうにして、飛鳥中教職員として、しっかりと頑張って進んでいきたいと思います。

10月29日(月)

2年生の国語の取組

 先週金曜日の授業参観に来られた方はお気づきだと思いますが、今2年生の廊下にはおもしろい新聞が各教室前に掲示されています。実は、2年生の国語の授業でNIE教育に取り組んでいます。魅力的な紙面の作り方や、同じ記事でも見出しが違うだけで受け取り方も変わることなどを勉強しています。これは新聞だけでなくこれから先、子どもたちが様々なメディアと上手につきあっていくための基本的な力にもなっていきます。今回は、国語の先生から与えられた架空の記事をもとに新聞の紙面づくりに取り組んだものの一部が下の写真です。確かに同じ記事でも見出しやレイアウトの違いで印象が随分違うことがわかります。こういう学習を重ねて、これから新聞やネットニュースなどを正しく受け取れるようになっていって欲しいです。(何かの機会に来られた保護者・地域の方はどうぞ2年生廊下でじっくりと新聞をご覧ください。)

1年生廊下では…

 一方で、1年生廊下にも下のような手作りポスターが掲示されています。これは1年生の前期学年委員会の子どもたちが最後の仕事として、今の1年生の課題を分析して「何を頑張ればいいのか。」を考えてつくってくれたものです。小学校の児童会活動、中学校の生徒会活動は民主的な生徒集団を育てる大黒柱です。今回1年生が頑張ってくれたことも、その一つ。1年生のみんなが、自分たちの代表である学年委員会の人たちの思いをしっかりと受け止め、それを共有してみんなで1年生集団をより良くしていくように行動すること。頑張りましょう。

【今日の飛鳥中生】今日の給食片付けの場面。給食室前に今日のおかずのお汁が落ちていたので紙で拭き取りをしていました。すると3年生の女子二人が、「先生、その紙ください。上からずっと汚れが続いているので、私たちで拭いてきます。」と言って、拭き取り用の紙を受け取って爽やかに階段を上がっていきました。

10月27日(土)

あすかフェスティバル大成功!!

 今日は飛鳥地区の大きなイベント『飛鳥フェスティバル』が開催されました。心配されていた雨も、朝の準備を始めるころにはすっかり上がり、昨日に続いて今日も野球部が朝早くから集合してテント張りやグランドの水抜きなど、本当に手際よく準備をしてくれました。そしていよいよ10時45分、予定の時刻になり、飛鳥中吹奏楽部のファンファーレで『あすかフェスティバル』が開会しました。ここからは丸1日を使って、飛鳥ホールで、次々と楽しい企画が続きました。グランドでもお昼には模擬店がひらかれ、どのブースも長蛇の列ができていました。

 今日の1日、飛鳥中学生は地域の大人に混ざり、みんなと一緒になって準備から販売などのお手伝い、そして最後の片付けまで頑張ってくれました。こんなふうに飛鳥中生は本当に地域の大切な一員としての役割を果たしてくれています。この経験が一人ひとりの胸に誇りとなって刻まれていくと思います。そしていつの日かこの中の子どもたちが、地域を引っ張る大人になってくれていることを皆で願っています。ごく一部ですが、写真で今日の子どもたちの活躍をご覧下さい。

【当日準備】

【飛鳥ホール(午前の部)】

【グランドの様子】

【飛鳥ホール(午後の部)】

【後片付けの様子】

地域の皆様、これからも飛鳥中学校区の全ての子どもたちの成長のために、見守りも含めて、お力をお貸し下さい。よろしくお願いします。

10月26日(金)

英語の授業にお邪魔しました

 今日は2年生、1年生の英語の授業にお邪魔してきました。2年生は英語の暗唱テストの最中でした。順番待ちをしているときも、一生懸命に覚えていざテスト。岩間先生の前での暗唱も、岩間先生の温かい雰囲気で、緊張せずうまく言えていたようです。岩間先生から「だいぶ上手になってね。」と言われている人たちも何人もいました。うまく言えて合格をもらえた人たちはすごく嬉しそうでした。こんなふうに授業の中での達成感を大切に授業をすすめてもらっていることがわかりました。

 1年生は、「~ができる。」「~ができない。」の英文の学習をしていました。英語の授業では、「英語を話せる」ことを大きな目標にしています。今日も今学習したものをすぐに二人一組で話していました。2年生の授業を見たあとで、1年生が話す英語をきくと、どことなくたどたどしい感じがしました。やはり、学年が上がるごとに、しっかりと力をつけてくれているようです。(もしもお時間があれば、各ご家庭でも子どもたちが英語を話すのを上手に聴いてあげて下さい。)

【2年生の授業風景】

【1年生の授業風景】

 1年生の授業の最後に、次に学習するところに出てくる「車いすバスケットボール」についての映像を見せてもらっていました。こんな所もICTを活用した授業の得意分野です。

育友会3年生学年活動(ハーバリウム体験)

 今日は3年生の育友会学年活動がありました。斑鳩から講師の先生を招いてのハーバリウム体験でした。私も参加させてもらい、はじめはどうなるかと思って取り組み始めましたが、やっているうちに「こんなふうにしたらどうなるかな?」とか、他の人の作品を見て「なるほど。あんなふうな色あいにしたらきれいやったんや。」などいろいろ考えて取り組むことができました。できあがった作品は、他の保護者の方のものと並べるのも申し訳ないものでしたが、やってみるととても楽しかったです。「どんなことでもまずはやってみることが大事やな。」と思いながら、密かに今回の『立ち読み処』に書いた言葉を思い出していました。

3年生助産師講演会・保護者対象進路説明会

1,2年生授業参観・学年懇談会

 育友会3年学年活動に続いて、3年生では飛鳥中学校で毎年恒例の助産師講演会が開かれて、「命」に関わる授業を受けました。その後、いよいよ保護者対象の進路説明会が開かれ、これから進路決定までの説明を、進路主任の大谷先生から聞かせてもらいました。また、1,2年生では、授業参観が行われ、特に2年生では、来年度から「特別の教科」となる道徳の授業を保護者にも見てもらいました。

【助産師講演会】

【授業参観】

【進路説明会】

飛鳥フェスティバルの準備をしました

 明日は飛鳥中学校区の大きなイベントである飛鳥フェスティバルが飛鳥小学校で開かれます。このフェスティバルは飛鳥地区の様々な団体が一同に会する機会です。そうやって地域の大人たちが、飛鳥中学校区の子どもたちみんなをたくましく育てていくために集まり、子どもたちにも様々な役割を担ってもらうことを期待されています。早速、今日は飛鳥中学校の野球部、陸上競技部が飛鳥小学校に出向き、地域の大人の方に混ざって、いろいろな準備をしてくれました。あとは、また明日それぞれのブースでも手伝う生徒、片づけを手伝う生徒がいます。地域の方々も、そんな飛鳥中学生の姿にどうぞ声をかけてあげてください。

【今日の飛鳥中生】今日は何といっても、あすかフェスティバルの準備に飛鳥小まででかけて、一生懸命地域の大人に混ざって手伝ってくれた野球部、陸上競技部のみなさんです。ご苦労さまでした。地域の大人に混ざって頑張ってくれた皆さんは、本当に頼もしい姿でした。

【来週の飛鳥中学校】

27日(土) あすかフェスティバルです。地域で頑張る中学生の姿を見てあげてください。

30日(火) 全校研究授業です。今回は1年生の道徳の授業を全校教員で見て、指導力を高める研修を頑張ります。

31日(水) あすかスタサポです。テスト前ではない勉強会も活用して次の期末テストに備えましょう。

11月1日(木) 3年生は学力診断テストです。生徒会専門委員会もこの日です。

2日(金) 1年生は施設訪問、2年生は校外学習です。いろいろと体験して勉強してきてください。

 

10月25日(木)

埼玉県戸田市議会から視察に来られました

 今日は飛鳥中学校区のコミュニティスクールの取組に対して、埼玉県戸田市から視察に来られました。本校からは校長先生、飛鳥C・S協議会の髙松会長、田畑副会長、中村、岩井各コーディネーターに来ていただき、一緒に学び合うことができました。いよいよはじまる新学習指導要領でも、「社会に開かれた教育課程」が大切な柱の一つになっています。つまりこれからは、学校と地域が教育目標を共有し、地域の子どもたちを地域まるごとで育んでいくということ。まさに、飛鳥中学校区ではずっと前から取り組んできたことなのです。とはいえ本校区の取組も、まだまだ成長の余地があるのも事実です。こうやって視察に来られるたびに、お互いに様々なことを学びながら、日本中の子どもたちがこれからの不透明な社会を力強く生きていく力を育てられるようになっていって欲しいと願っています。

10月24日(水)

秋が深まってきました

 2学期の学校行事も半分以上がすぎました。ふと校内を歩くと木々も次第に色づいていることに気づきました。飛鳥の銀杏ももうすぐ鮮やかな黄色を見せてくれそうです。あの猛暑もどこへやら、あっという間に寒さを感じて、子どもたちもどんどん冬服が増えてきました。こうやって季節は秋から冬へと確実に進んでいきます。学校生活も残り後半、さらに充実した生活ができるように頑張っていきたいです。

新本部役員が決まりました

 昨日の生徒会役員選挙立会演説会・投票・開票により、これから1年間、飛鳥中学校の生徒会活動を牽引してくれる新しい生徒会本部役員が決まりました。今日は朝から選挙管理委員長からその報告がなされました。新しい本部役員の人たちは、これからいろいろな役割があると思います。是非頑張って欲しいです。

美術の授業にお邪魔しました

 今日は1年生の美術の授業にお邪魔しました。1年生は今、鍋敷きに彫刻刀で野菜の図柄を彫っています。下絵を描いている人、すでに彫り進んでいる人など様々でしたが、写真を見てもらってもわかるように、みんな一生懸命に自分の作品づくりに打ち込んでいました。きっと個性あふれるとてもいい作品が完成すると思います。是非、家でも使えるといいですね。

10月23日(火)

大和茶体験授業

 今日は3年生で、大和茶の本格的な体験をする授業をゲストティーチャーの先生にしていただきました。ひとくちにお茶と言っても様々な種類があり、茶葉を加熱する方法によっても様々な種類のお茶に変わることなどお茶の基礎知識なども教えていただきました。その後、熱湯でいれたお茶、60℃くらいのお湯で丁寧にいれたお茶、前の日から水出ししたお茶の飲み比べをさせてもらい、子どもたちのその繊細な味の違いをしっかりと舌で感じてくれていたと思います。お茶の苦味、お茶の旨味、甘味などこれほどに違うのだなあと感心させられました。最後にどの好みのお茶を聞いたところ、「水出し茶」に票があつまっていました。また、お茶の苦味は、かぜやインフルエンザなどの予防にも役立つ可能性があるとも教えていただきました。

 今日の先生がおっしゃっていました。「皆さんがこれから日本中、世界中で活躍するときに、お茶なら水からでも簡単に出すことができます。だから荷物の中にちょっとだけでもお茶をいれて、ふとしたときにお茶を飲んで下さい。きっとその瞬間皆さんのなかにふるさとの味が蘇ってきますよ。」と。本当にそうですね。普段はペットボトルのお茶にばかりお世話になっている人も、これを機会にちゃんとお茶をいれて飲むことも大切にして欲しいです。また各ご家庭でも子どもたちから今日の話を聞いていただき、おいしいお茶をいれて家族でゆっくりした時間をおつくりください。

生徒会役員選挙立会演説会・投票

 今日の6時間目には生徒会役員選挙立会演説会が開かれました。今日聞いていて立候補者の演説がしっかりしていたのはもちろんですが、推薦者も負けず劣らずしっかりと応援演説をしていたことに驚きました。飛鳥中学校の子どもたちの力はまだまだいろいろな可能性があるなあと感じることができました。そして、演説を聴いている子どもたちもしっかりと集中していました。すばらしかったです。その後、それぞれの教室に戻って投票でした。

 生徒会役員選挙という行事ひとつとっても、「立候補する権利」「投票する権利」「生徒会活動をする権利」など多くの権利と、それらに必ず伴う義務を学ぶ機会としてとっても重要です。今日の投票結果は明日発表されます。新しい生徒会本部役員だけが頑張る学校では何も変わりません。新しい本部役員と生徒会員全員が共に頑張る学校づくりをしていきましょう。

10月22日(月)

立ち読み処更新しました

 立ち読み処更新しました。今回のテーマは「阪神タイガース 矢野新監督の就任会見を見て」です。また学校にお立ち寄りの機会があれば職員室前の立ち読み処もご覧ください。

生徒会役員選挙運動の最終日でした

 明日は次期生徒会役員を決める選挙です。今日は選挙運動最終日ということで、朝校門で立候補者が選挙運動をしてくれていました。生徒会活動は中学校では大切な背骨にあたる活動です。生徒会の活動がどんどん熱心になるほどに、学校も生徒皆にとってより良いものとすることができます。そういった大切な活動の中心として、次の本部役員にも精一杯頑張って欲しいと思います。また、明日の選挙についても、生徒の皆さんは、しっかりと有権者の自覚を持って、と自分の一票を投じて欲しいと思います。

いじめの脱傍観者授業

 今日の1時間目は全校生徒が体育館に集まって『いじめの脱傍観者授業』を受けました。途中何度も近くの人と意見交換をしながら、それを発表するなど、対話的な学びをしてくれていたと思います。今日の授業のポイントはいじめを本当になくすための重要なキーパーソンは『傍観者』であるということ。つまり、いじめがあることに気づいていながらも、「黙ってみている(傍観している)」人たちから声をあげはじめること。それがやがて大きな流れをつくり、そのことが、つらい思いをしている人たちを助ける大きな一歩になっていくということ。今日紹介されたアプリの活用も含めて、「何が今の自分にできるのか。」を考えて、自ら行動をはじめる勇気をひとりひとりが持ちましょう。

生徒会役員選挙立会演説会リハーサル

 明日に控えた生徒会役員選挙立会演説会に向けて、今日の放課後にはリハーサルが行われました。どんなことも万全の準備なくして成功無しです。逆に事前の準備をしっかりと整えることが本番にうまくやれる第1歩でもあります。これは行事ごとだけではなく、勉強や部活動のどの場面でも通用する法則のようなものではないでしょうか。あすの演説会、立候補者も応援演説をしてくれる人も頑張ってください。

【今日の飛鳥中生】1限目の全校授業で、話し合ったあとその内容を発表して欲しいと言われたとき、全校の前でもしっかりと手を挙げて意見を発表してくれる生徒が何人もいました。全校生徒の前で手を挙げて発表する勇気、すばらしかったと思います。

10月19日(金)

1年生「施設交流」に向けて

 1年生は1学期から「障害者問題学習」として、だれもが共に幸せに、そして生きがいをもちながら生きていける社会の形成を目指して学習を続けています。11月2日(金)には、実際に校区内外の福祉施設に班ごとに訪問をして、交流会を持ちます。今日は、その交流会に向けての学活の1回目でした。みんな、自分がどんなところに行くのかを先生の話に耳を傾け、そしてどんなことをするのかをしおりをもとに熱心に確認をしていました。

 1学期から続いているこの学習は11月2日(金)の施設交流会のあと、11月9日(金)のALS患者による講演会につながり、最終的には12月13日(木)の人権学習発表会で、1年間に学んだことをポスターセッション形式で発表します。人権学習発表会は保護者、地域の方の参観が可能ですので、後日配布(またはこのホームページ上にアップ)される案内を参考に、学校にお越しいただいて、子どもたちの発表を見ていただければ幸いです。

3年生進路学活

 今日3年生は進路の学活で学年で面接についてのビデオを見て学習しました。面接は「何を答えるか。」ももちろん大切ですが、何より「どんなふうに対応できるか。」が大切です。そのためにも、普段から、行動や言葉遣いなど、きちんとしておくことが大事です。是非、各ご家庭でも常にきちんとした行動・きちんとした言葉遣いをできるようによろしくお願いします。

漢検②が実施されました

 今日の放課後には日本漢字能力検定(漢検)が実施され、多くの生徒が自分の級にチャレンジしました。昨年度は最小実施人数の10人をこえられるかどうかという人数でしたが、今年度は10人を大きくこえる人数のチャレンジが続いています。ホームページでも紹介していますが、飛鳥中学校では漢検や英検を受検できるようになっています。友達同士で誘い合いながら、こういった機会に是非どんどん自分の資格更新にチャレンジする気持ちを持って欲しいです。

【今日の飛鳥中生】今日もひとり、中間テストの問題用紙、答案用紙を持って職員室に訪れた生徒がいました。ふたりでもう一度答案用紙を見直すと、今の点数の倍の点数は採れていたであろうという結論になりました。こうやって自分が気をつけなければならないことに気づくこともテストの大切な役割です。他の生徒の皆さんも、明日・明後日の時間を使って是非自分の答案用紙をもう一度見直して自分の課題を見つけましょう。そして間違った問題は少なくともやり直しをして「次はできる」といえるように頑張ってほしいと思います。

【来週の飛鳥中】

22日(月) 1時間目に奈良市教育委員会から先生が見えられて、「いじめの脱傍観者授業」を全校生徒で受けます。さてどんな内容でしょうか。

       教育相談がこの週も続きます。

23日(火) 生徒会役員選挙立ち会い演説会と選挙が行われます。この日までに「この人にお願いしたい。」という人を考えておきましょう。

       あすかスタサポ(放課後図書館学習)です。テスト前でないスタサポも十分に活用しましょう。

24日(水) 3年生は学校生活の写真撮影です。(卒業アルバム用)

26日(金) 3年生は育友会学年活動・助産師講演会・進路説明会・学年懇談会が行われます

27日(土) あすかフェスティバル(飛鳥小学校)

       1、2年生は授業参観と学年懇談会が行われます

10月18日(木)

育友会主催高校訪問

 今日は本年度第2回の育友会主催の高校訪問で一条高校に行ってきました。高校では、いろいろな施設を見学させてもらったり、学校の説明をしていただいたりしました。毎年の訪問でいつも感じることは、やはり聞くよりも自分の目でみたり、耳で聞くことが大切だなあということです。この訪問の詳しい報告はまた明日にプリントで育友会のほうからされます。子どもたちが家に持って帰ったプリントをお読みください。こんなふうに育友会では、年間を通して、子どもたちにとってプラスになることをいろいろ企画して活動していただいています。

【今日の飛鳥中生】毎回テストが終わると、特にあすかスタサポ(放課後図書館学習)で頑張った生徒がテスト結果の報告に来てくれます。それはうれしいですが、報告内容はたいがい「先生。あかんかった。」です。次は是非「先生。成果出たで。」という報告を聞きたいです。学校もそんな報告が聞けるように、またこれからも頑張っていきたいと思います。

10月17日(水)

生徒会役員選挙運動がスタートしました

 中間テストが終わって、今日からはいよいよ次の生徒会本部役員選挙に立候補している立候補者たちの選挙運動がスタートしました。初日の今日から皆元気よく挨拶と選挙運動をしてくれていました。これから1年間、この飛鳥中学校の生徒会活動を前面にたって推進していく子どもたちです。是非今の気持ちでバリバリ頑張っていって欲しいと思います。

中間テストの返却が始まりました

 今日はさっそく1時間目から、中間テストの返却が始まりました。テスト返却の教室へちょっとお邪魔をしましたが、どの教室でも自分の答案用紙を見て、喜ぶ顔、落ち込む顔、平然としている顔など、様々です。中には友達と見せ合いをしたり、教え会ったり…。ただ少し残念だったのは、点数だけを見て、自分の答案用紙をしまい込んでいる生徒も結構いたこと。テストの点数以上に大切なことが答案用紙にはいっぱいつまっていることをいつ気づいてくれるかな?という思いでそんな様子を見ていました。保護者の皆様におかれましては、お忙しい毎日ですが今日から持ち帰る子どもたちの答案用紙は必ず一度見てあげて欲しいと思います。そしてほんの少しでもいいので、これから先のためにも、その答案の内容を一緒に見ながら、励ましてあげて欲しいと思います。

1年生国語の授業を見学しました

 今1年生の国語では「星の花が降るころに」(安東みきえ 著)という作品を学習しています。この作品は、中学1年生のとても繊細な心の動きをテーマとした作品で、中学1年生がとても受け止めやすい作品です。作品そのものは、最後も今後の展開で、いろいろな想像をかきたててくれるものです。作中には「星の花」として銀木犀が随所に登場して、作品のポイントとなっています。そして、今日の授業では、その「作品の続きをそれぞれ自分で考えてみよう」ということで各自で想像力を働かせて、また学習班でもお互いの考えを出し合いながら、その後を創作していました。今、子どもたちは単なる知識の定着ではなく、自分の考えをしっかりと自分なりの言葉や文章として表現する力を求められています。そういう意味もこういった授業がすごく効果的だなと改めて勉強させてもらいました。さて、今の中学1年生がどんな作品をつくりあげるのか、とても楽しみです。

【今日の飛鳥中生】テスト返却にいったとき、ある生徒と一緒に、テストの見直しを簡単にしてみました。落ち着いて考えたら、まだまだ解ける問題があることに気づいたその子はニコッとして、「次は○○点目標に頑張る。」と言ってくれました。他の皆も含めて、また次に向けて頑張り始めましょう。

10月16日(火)

中間テスト2日目

 今日は2学期中間テスト2日目です。今日も朝早くからから元気に登校して、職員室に最後の質問に来ている生徒がいました。「ギリギリになって慌てる」のはあまり良くないかもしれませんが、「ギリギリまで頑張る」姿勢は評価に値すると思います。テスト中も一心不乱に問題に取り組んでいる姿が印象的です。「自分に出来ることは精一杯する。その上で返ってきた結果には自分で責任を持つ。」こと。自分で責任を持つとは、点数に左右されないことです。明日からいよいよテストが順次返却されます。テストの中身をしっかりと確認して、「自分ができている部分」と「まだ自分にできなかった部分」をしっかりと見極め、そこをやり直す、やりきること、そして自分の力をさらに伸ばすことが本当に結果に責任を持つということです。保護者の皆様も、明日からのテスト返却では、点数に左右されず、子どもたちの頑張ったことと、これから頑張るべきことをゆっくりと一緒に振り返ってあげてください。

冬花用土の入れ替えをしました

 中間テスト終わってひと息つくまもなく、今日は午後から生徒会の『あすか大好きプロジェクト』のひとつ、緑化プロジェクトの取組で冬花用の土の入れ替えを運動部を中心に行ってくれました。ずいぶん重いプランターを運んだり、残っている花を抜いたり、新しい土を入れたり…とそれぞれの場所でみんな頑張って取り組みました。花の植え付けが11月5日(月)に行われます。今日入れ替えてくれた土が、これから1ヶ月かけて、栄養分と十分に混ざり良い土に変わってくれることと思います。そして、また新しい花の土壌になってゆきます。美しい花を支えるのはそういったしっかりした土壌です。そして人もまた同じで、美しい心を支えるのは、きっとこんなしんどい作業をもくもくとやりきる飛鳥中生の気持ちの持ち方だと思います。今日頑張ってくれた人たち、ご苦労さまでした。

【今日の飛鳥中生】上にも紹介したように、テストが終わって、土の入れ替えをしたあと、部活動の練習をして、そしてさらに飛鳥幼稚園までいってテントを車に積む作業をして、さらに飛鳥小学校へ行ってテントを車から降ろす作業をする。今日の飛鳥中野球部の人たちの頑張りです。こうやって地域で活躍できる中学生です。

10月15日(月)

中間テスト1日目

 今日から2学期中間テストが始まりました。生徒の皆は朝早くから登校して教科書を開いたり、問題を最後まで解いてみたりしながらテストに臨みました。各教室ではテストはじめの合図と共に問題に一生懸命に取り組む姿がどの学年でもみられます。落ち着いてしっかりと自分の実力を発揮して欲しいです。

育友会下校指導

 中間テスト1日目の今日、育友会で下校指導をしていただきました。毎回テストのたびに昼の多忙な時間帯ではありますが、通学路に立っていただき、子どもたちの下校の見守りと声かけをしていただいています。こんなふうに育友会として子どもたちの見守りなどの活動を積極的にしていただき本当にありがとうございます。こういったことの積み重ねが安心・安全な街づくりにつながっていくのだと思います。

10月12日(金)

全校集会

 今日は全校集会。2学期に入って様々な行事はありましたが、熱中症対策で始業式が教室となり、みんなで落ち着いて先生たちの話を聞く全校集会は今日が今学期最初でした。校歌合唱に続いていつものように表彰。今回は夏休みの大会も含め、多くの人たちが表彰を受けました。新チームでの賞状もあり、これからがまた楽しみです。その後校長先生からのお話、そして佐貫先生からの学習に関するお話のあと、人権教育部の中原先生からのお話しでした。中原先生は「いじめているきみへ」(著 春名風花)の絵本を読んで下さり、今そこにいるひとりひとりが本当に大切なかけがえのない存在であることを改めて教えていただき、感じさせてもらえたと思います。今日読まれた絵本の一部を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・

きみが きもい うざいと おもったひとを

せかいじゅうの だれよりも

あいしている ひとたちの

すがたを

そして おなじように

きみを そだててきた ひとたちが

いじめている きみを みて

どう おもうのか

・・・・・・・・・・・・・・・・

すこしだけ そうぞう してください

中原先生が流した涙をみなさんはどんな風に感じてくれたかな?

【今日の飛鳥中生①】昨日のあすかスタサポで最後にある生徒と約束をしました。「明日までに数学ワークを○○ページまでやってくる。」と。今日は昼から出張で、そのことに後ろ髪を引かれながら出かけました。出張から帰ってくるなりその生徒が「先生。ちゃんとワーク約束のページやってきたで。」といってワークを誇らしげに見せに来てくれました。思わずその生徒と握手をしました。うれしかったです。

【今日の飛鳥中生②】今日、最後のあすかスタサポが終わるとき、また違う生徒に「とりあえず普段のスタサポから来いや。」と声をかけたら素直に「うん。行くわ。」といって帰っていきました。その気持ちに期待したいです。

【来週の飛鳥中】

15日(月) 中間テスト1日目

       育友会下校指導があります。担当の方、よろしくお願いします。

16日(火) 中間テスト2日目

       冬花用の土の入れ替え

17日(水) この日から生徒会役員選挙運動がはじまります。しっかりと立候補者の声に耳を傾けましょう。

18日(木) 教育相談①です。担任の先生とゆっくり話して見ましょう。きっとすっきりしますよ。

         育友会主催高校訪問があります(一条高校へ訪問します)

19日(金) 教育相談②

         漢検があります。中間テスト後すぐですが、申し込んでいる人はこれも頑張って合格しましょう。 

10月11日(木)

みんな頑張っています

 次第に中間テストが近づいてきました。今週に入って連日の質問教室、あすかスタサポを一生懸命に活用しながら、子どもたちは頑張っています。テスト結果から自分の課題を見つけることも大切ですが、まずはこんなふうにテストまでに自分にできることをきっちりとやりきる力も大切です。あと明日1日質問教室とあすかスタサポが残っていますので、最後までしっかりと頑張って、土・日に自分の力で学習できるようにしておきましょう。図書館は明日も放課後開いています。

【質問教室の様子】

【あすかスタサポの様子】

【今日の飛鳥中生】あすかスタサポで友達同士で勉強している場面。ひとりがふと立って出て行きました。実はもうひとりの友達のためにわざわざ教室まで自分のワークの答えを取りにいってくれていたようです。優しい友達ですね。

10月10日(水)

テスト前のあすかスタサポで頑張っています

 昨日から放課後には各教科の質問教室、そしてあすかスタサポ(放課後図書館学習)がともにはじまりました。特に普段のスタサポのときは落ち着いた雰囲気の図書館も、テスト前は多くの人が集まり「みんなの学習クラブ」のプリント印刷とそれぞれの学習にワイワイと取り組んでくれています。地域の方々や大学生もこの時期は忙しく生徒の学習につきあっていただいています。先生方も質問教室のない先生方は図書館で生徒とともに学習してもらいました。ある先生は「生徒と一緒にやって楽しかったです。」と言って帰られました。このあすかスタサポが、生徒の学習意欲の向上と学力向上、そして「やればできる」自尊感情の高揚にこれからも役だって欲しいと思います。そしてそれに加えて中学生の子どもたちが地域の大人、大学生、そしていろいろな先生とのコミュニケーションをはかる場にもなっていってくれて、学力だけでなく心の成長にもつながってくれることを期待しています。

 あすかスタサポ(放課後図書館学習)とは少しでも子どもたちの学力・自尊感情などを高めるために、そして特に勉強の苦手な中学3年生が進路決定に向けて少しずつ(週1回)でも、来て勉強できる部屋をつくってあげたいと、飛鳥C・S協議会が中心となって、教材などの準備(予算面も含めて)、図書館の開室や運営、学習支援などに取り組んでいただいている取組です。また奈良教育大学の大学生もボランティアで学習支援にきてもらっています。それでも特にテスト前などはもっともっと学習支援の人手が必要な状況です。本校のホームページをご覧になったり、地域の便りを目にして、「少しでも手伝ってみようかな。」と思っていただける地域の方、本校の卒業生などがおられれば飛鳥中学校までご連絡いただければ幸いです。よろしくお願いします。

【今日の飛鳥中生】廊下を歩いていると「先生。今日図書館(あすかスタサポ)に来ますか?」「先生、今日勉強教えて欲しいねん。」と声をかけてくれる子がいました。こうやってまだ声をかけてもらえる事もうれしかったですが、それ以上に子どもたちの「頑張ろう。」「頑張りたい。」という気持ちがうれしくなります。そしてその気持ちに背中を押されて放課後図書館に向かう足取りも自然と軽く感じられます。

10月9日(火)

授業も頑張っています

 先週で、2学期前半の大きな行事が終わり、子どもたちはみんな三連休をはさんで今日から、中間テストに向けて落ち着いて学習に取り組んでいます。中にはなかなか切り替えが出来ずにとまどっていそうな人もいますが、学級・学年そして学校全体で常に「今何ができるか」「今は何をやるべきか」を考えやりきれる前向きな雰囲気で頑張って欲しいと思います。あと1週間も行事と同じくらい輝く毎日でいて欲しいですね。

 

10月8日(日)

野球部が奈良市で優勝しました

 2学期に入ってからは、どの種目も新チームでの新人大会の時期です。野球部も奈良市新人大会と奈良県新人大会を平行して戦っています。そんな中、台風や雨などの影響で延び延びになっていた奈良市新人大会が昨日決勝戦を終え、見事飛鳥中学校野球部が優勝してくれました。飛鳥中の子どもたちのすごいところは、部活動はもちろんですが、地域行事や学校行事、時には幼稚園や小学校へいってお手伝いをするなど、本当に様々な所で活躍をしてくれています。そういった日頃からの頑張りが、いざ大会でも集中力を発揮できる原動力になっているのかもしれません。

10月5日(金)

2年学年委員会よりメッセージ

 もう何回目になるでしょうか。2年生学年委員会では1年生のときから学年のみんなにとってもとっても大切なメッセージを送ってくれています。今回もその中から何枚か紹介します。また、そのメッセージには学年委員会からのひとことコメントものっていますので、一部紹介します。

「授業は大事」…授業ってライブ。ねる?もったいない

「人の良い所を真似しよう」…その前に人の良いところにきづく目をもつこと

「全力で行こう」…別の言い方では一生懸命となります

「今できることを今やろう」…明日はまた新しいことがやってくる   

などなどです。2年生学年委員会からの心のこもったメッセージです。また本校にお立ち寄りの際は一つ一つ見て回るのも面白いとおもいます。

3年生で人権学習スタート

 大きな行事がひと段落した今、飛鳥中の子どもたちは中間テストに向けて落ち着いた生活と学習を取り戻そうとしています。そして一方で、飛鳥中が一貫して3年間の中学校生活で大切にしてきた人権学習が3年生でスタートしました。今までは「共に生きる」「平和な世界を築く」などをはじめ様々な学習をしてきました。そして今回のテーマは「在日外国人問題学習」です。様々なルーツをもつ人たちが共に生きていける社会、誰もが大切にできる社会の担い手となれるよう、3年生は残り半年間で、教科学習、進路決定とともに、こういった人権学習にもしっかりと最後まで大切にして取り組んで欲しいです。これから社会にでたとき、出会ってしまうであろう様々な不合理・矛盾に立ち向かえる力をつけましょう。

英検②

 今日は英検2回目が学校で実施され、11名の人がチャレンジをしました。中には準2級への挑戦をしている生徒もいました。昨日キャンベラとの交流会もありましたが、こういった機会にどんどん英語に慣れ親しんで、英語への興味を深め、そして英検などの資格にも挑戦する生徒が増えていってくれることを期待したです。

なら100年会館での合同コンサート

 何かと忙しかった今週のしめくくりはなら100年会館での合同コンサートでした。キャンベラのACTコンサートバンド、飛鳥中学校、一条高校、奈良大学付属高校のみんなでおよそ2時間余りのコンサート。1週間のしめくくりにはもったいないほどの上質で楽しく、疲れもとってくれる時間でした。何よりも、飛鳥中学校の吹奏楽部の子どもたちが本当に楽しそうに合同バンドで演奏しているのを見てこちらが幸せな気持ちにならせてもらいました。

【来週の飛鳥中生】

9日(火) この日から中間テスト前の質問教室とあすかスタサポ(放課後図書館学習)がスタートします。みんなしっかりと意識を持って取り組みましょう。また、この日には生徒会の中央委員会があります。

12日(金) 全校集会があります。

その次の週は中間テストです。みなさん頑張りましょう。

 

10月4日(木)

キャンベラ交流会

 今日は奈良市キャンベラ市姉妹都市25周年記念事業の一環としてキャンベラのACTコンサートバンドの一行が飛鳥中学校を訪れてくれて、本校の中学生と交流会を行います。そのために体育大会が終了した昨日、さっそく書道部が最終下校時刻ギリギリまでかかって、歓迎の掲示物や舞台上の歓迎横断幕を作成してくれました。また、職員玄関前にはオーストラリアの国旗が掲揚されています。生徒会本部は交流会の準備、各学級でも交流会に向けて折り紙を含めて準備をすすめてくれていました。今日は生憎の雨も予報されていますが、今日の交流会が飛鳥中生にとっても、貴重な経験をする1日になってくれればと思います。

 この写真を見てもらえれば今日の交流会がどんなだったか想像してもらえるでしょうか。帰る時にも何人もの子供たちが「楽しかった。」「次はいつですか?」などと言って帰っていきました。とりあえず「Let's enjoy!」です。言葉の壁を超えるのはむつかしくても、音楽は簡単に国境を超えることができるし、楽しもうという気持ちでも簡単に国境を超えることができるということが本当に実感できる交流会でした。いやーコンサート楽しかったね。吹奏楽部のYMCAも盛り上がったね。ACTコンサートバンドの演奏は本当に迫力あったよね。吹奏楽部との合同バンドは、本当にずっと一緒に練習をやってきたみたい。吹奏楽部の子どもたちが何よりも楽しそうだった。教室では身振り、手ぶり。それでもちゃんと折り紙を教えて、一緒に遊べて、笑顔になれた。片言の英語を何とか使いながら。いやもっとすごかったのは、「英語無理。」って言ってる子たちも、それでも何か会話のきっかけをちゃんと探してくれていいこと。飛鳥中生のたくましさを感じることができました。これならこれからの国際社会も何とか生きていけそうです。そのあとの体育館の書道体験。楽しんで帰ってもらうことができました。今日は本当に良かったと思います。 

10月3日(水)

体育大会も終わって・・・

 9月の文化発表会・音楽会、そして昨日の体育大会とこの1ヶ月以上の間、飛鳥中学生がとことん燃えた行事も終わりました。学級対抗、色団対抗とさまざまな場面でライバルとして競い合った仲間たち。しかし一旦昨日でそれも終わりました。ここで目的を見失ってはいけません。本当に大切なことはその過程で得られた団結力を今日からの毎日の生活に生かすこと。仲間を想い、仲間のために頑張り、仲間とともに頑張ることを今日からもしっかり頑張りましょう。特に3年生はいよいよあと半年後の進路選択・決定に向けて、ここからはいままでの学級ごとのライバル関係を解消して、ノーサイド。あたらしく皆が仲間として3学年みんなで進路への取組を完成させてください。体育大会が一夜あけた青空もそんなみんなを応援してくれています。

キャンベラ交流会のリハーサル

 あすはいよいよはるばるオーストラリアのキャンベラから来てくれるACTシニアコンサートバンドと飛鳥中学生との交流会が開かれます。こんなチャンスはめったに無いことです。生徒の皆さんは、どんどん自分からコミュニケーションをとってみましょう。同じ年代の仲間たちです。きっと想いは通じるはずです。そして今日はその交流会に向けて生徒会本部役員でリハーサルを丁寧に行いました。生徒会本部役員も準備万端です。けれど、明日は何がおこるかわからない。そんなときにも飛鳥中の皆さんならきっとしっかり行動してくれると思っています。みんなの力であすの交流会を成功させましょう。

10月2日(火)

第35回飛鳥中学校体育大会開幕します

 晴天の中、第35回飛鳥中学校体育大会が開幕します。

体育大会の様子

 今日は本当にいいコンディションのもと体育大会を無事開催することができました。日頃から本校に温かいご支援・ご協力をいただきありがとうございます。本日もご来賓の皆様、保護者の皆様、平日開催で何かとお忙しい中多くご来校いただきありがとうございました。これからも飛鳥中学校は、生徒たちのパワーを大切にし、そのパワーを常に良い形で発揮し、前に進んでいけたらと思っていますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。今日の大会の様子を簡単に紹介しますので、ご覧下さい。

【今日の飛鳥中生】最後の片付け。みんな本当に頑張ってくれましたが、その中でも本当に最後の最後まで「先生次何する?」「先生手伝います」と言ってくれる生徒が何人もいたこと。本当に感謝。そしてありがとう。

10月1日(月)

3年生は学力診断テストを頑張っています

 今日は3年生が学力診断テストを受けています。また3年生はいよいよ今月18日(木)から進路相談(二者懇談)が始まります。こうやって3年生は一歩一歩自分の進路選択に進んでいきます。そんな毎日をしっかりと大切にしながら、自分がしっかりと納得と満足を得られる進路選択をしていきましょう。それが、次の場所に進んだ時にも、自分の力になっていくはずです。

 また、学力診断テストについては、今回も返却後の答案用紙をしっかりと見直しましょう。そこには一人ひとりの財産がいっぱいつまっているはずです。その財産をしっかりと自分で掘り起こし、生かしましょう。

いよいよ明日は体育大会

 心配していた台風24号も何とか過ぎ去ってくれて、今日は台風一過の青空のもと、無事明日の体育大会の準備をすすめることができました。それぞれの部活動毎にテントたて、得点板、机や椅子準備、皆に使ってもらうためのトイレ掃除など、準備作業にかかりましたが、どの生徒も2時間以上にわたる作業を最後まで一生懸命に取り組んでくれて、体育大会会場も立派に仕上げてくれました。こういった皆の力が集まってはじめて一つの大きな行事を成功させることができます。おそらく明日もそんな飛鳥中学生皆の力の結集を存分に子どもたちは示してくれると思います。保護者の方々、地域の方々もお時間があれば飛鳥中学校グランドまで子どもたちの頑張りを見にきてください。

最後の応援練習

 色団の応援練習も今日が最後の総仕上げ、いよいよ明日が本番。今日はどの色も時間ギリギリまで練習に打ち込み、改善点を考え、頑張っています。明日は結果として、色団ごとに点数が決まってしまいますが、ここまでの頑張りはどの色も100点満点。明日はどんな結果がでようとそれでノーサイド。

【今日の飛鳥中生】今日最終下校指導をしていると、ある生徒が「先生。今日の空すごくきれいやで。」と教えてくれました。また一緒にいた子が「私もきれいな空いつまででも見てることできる。」と言ってました。この感性がすばらしいと思いました。